どんぐりの育て方

(2001年の方法)

 

●○●○●2001年秋の植えた状況とその後の経過です●○●○● 

 この年には、拾ったどんぐりの順番に、少しずつ作業することにしました。

注意:以下の方法はあまり良くなかった様です。(2002.5.08追記)
2001年秋に、以下の方法でプランターの土を準備したのですが、2002年春には土の中に白い菌糸がはびこり、小さな羽虫がたくさん発生して、結果としてクリ1本、みかん数本しか発芽しませんでした。マテバシイ、アカガシは1本も発芽しませんでした。腐葉土と土をよく混ぜなかったことが原因かなあと思います。皆さんがどんぐりをうめる時にはご注意ください。

(2001.11.01)
まず、苗床作りです。そして栗を埋めました。
みずほさん&ぴいさんのお話から、八百屋の栗(!)を育てることにしたものです。 (^_^) 

(2001.11.02)
品川パシフィックホテルの横で拾ってきたマテバシイを埋めました。

(2001.12.23)
近所で拾ってきたマテバシイを埋めました。

(2001.12.29)
プランターのスペースが余ったので、みかんの種とヤブツバキの実を埋めてみました。

(2002.3.17)
くりの芽をひとつ発見。その後、土の中を調べたら他の4つはカビが生えていました。残念。

(2002.4.20)
みかんの芽が3つ出てきました。

(2002.5.08)
芽が出た分を植え替えました。マテバシイとアカガシは芽が出ませんでした。土の中を調べると、どんぐりは根も出ておらず一部はかびていました。土の中には白い菌糸がたくさんありました。
原因としては、1)どんぐりが良くなかった、2)土が良くなかった、3)水やりが良くなかったなどが考えられます。
1)「どんぐりが良くなかった」:マテバシイは拾った時が遅かったかもしれませんが、アカガシは落ちてまもないどんぐりで悪くなかったはずです。
2)「土が良くなかった」:腐葉土と培養土を良く混ぜないで、サンドイッチのようにしました。これが、腐葉土にあった菌が繁殖した原因とも考えられます。
3)「水やりが良くなかった」:これまで通り水やりをしましたので、やりすぎは考えられませんが、プランターの下の方の土はかなり水を含んでいました。土全体の水はけはあまり良くなかったようです。これも原因のひとつかもしれません。
 どんぐりを育てるのは簡単だと思っていたのですが、土はきちんとした状態にした方が良さそうです。反省 m(_ _)m

 

1)

プランターは去年使ったものを、また使いました。

2)

土は、DIYセンターで買いました。
培養土は198円、腐葉土は288円でした。

3)

今回は、腐葉土と培養土を交互に入れました。別に理由はなく、ベランダが狭くて混ぜるのが大変だったからです。(^_^;;)
下の写真は、一番下に腐葉土を入れたところです。

4)

次に、培養土を入れました。上のプランターは腐葉土、下のプランターは培養土が見えています。わかりにくいですけど。

5)

無事に2つのプランターに土を入れ終わりました。上の方まで土が来ていますが、これも、深くなるようにした訳ではなく、土を全部使い切るために入れたらここまで来ちゃっただけです。(ここまでくると、ずいぶんいいかげんにやってるのがわかるでしょ。)
これで苗床の準備はできました。

6)

今年は4種類くらい植えたいと思っているので、一つのプランターの半分くらい使って、栗を5個を乗せました。ちゃんと名札もつけました。(名札もDIYセンターなどで売ってます。)

7)

ずぶずぶと押し込み(本当は、上から土をかぶせるんですけど・・・。(^_^;;;)汗がだんだん増えてきた・・)これで完成です。

8)

2001.11.01に品川パシフィックホテルで拾ったマテバシイです。これも埋めました。
割れていますが、工作をする訳ではないので、問題ありません。おしりがぺこんとへっこんでいるのがマテバシイの特徴ですね。

9)

2001.12.22に子供に教えてもらって近所でマテバシイを拾いました。雨風に打たれて傷がありますが、みんなしっかりしていました。

10)

そのマテバシイも無事埋めました。来年ちゃんと芽が出るといいなあ。

11)

2002年3月17日に、くりの芽を発見しました。上の6)の写真とくらべると、まん中のくりの芽と思われます。

12)

2002.4.20、みかんの芽が出てきました。中央左よりにたてに細く見えています。

 

1999年に育てた方法はこちらです。

2000年に育てた方法はこちらです。
(この時は芽がよく出ました。)

[このページの先頭へ]

[Home]