スダジイを煎って食べよう

スダジイを食べてみました。一番簡単な方法です。おいしいよ! (^_^)

1)

まず、拾ってきたスダジイをざるで良く洗います。

2)

ふきんなどで、水を切っておきます。

3)

殻のまま、フライパンに入れます。
・ころころ転がすこと数分、何だかポップコーンのような香ばしいにおいがしてきます。
・銀杏を煎る要領でフライパンをごろごろしていると、どんぐりの回りがこんがりしてきます。中味がふくらんで殻がはじけた頃が、できあがりの目安です。

(フライパンの上のどんぐりです。写真が真っ暗になってしまいましたが白く見えるのがどんぐりの中味です。)

4)

さて、食べてみましょう。
・殻をむくと、ピーナツのように薄皮がありますが、それも簡単にむけます。
・ピーナツの形で銀杏のような固さと歯ざわりです。そのままでも食べられましたが、特に味はありません。ピーナツほど味がありませんし、銀杏ほどくせもありません。塩を少々加えると食べやすいです。
・殻がはじけていないものは、中が傷んでいるようです。
・殻がむけても、実がふたつ(またはみっつ)に分かれないものは、煎り方が不十分なようです。

 

[このページの先頭へ]

戻る

[Home]